住宅ローンが断られる
通らないあなたへ

TOP ローン金利ランキング ネットでシュミレーション
ローン選びのポイント 金利で選ぶ住宅ローン 負担の少ない返済計画
住宅ローン手続き ローン返済額を試算 簡単審査の住宅ローン

住宅ローンが断られる???

家を買うためには、住宅ローンの申し込みが必須ですが、住宅ローン審査で落ちて住宅ローンが受けられない・・なんてことも実際よく耳にしますよね。 統計によると、住宅ローンを断られる人って、住宅ローンを申請した人の10%くらいはいるみたいですね。 10%の住宅ローンを断られる人たちって、一体何が問題だったんでしょうね。 やはり勤続年数とか年収とか職種とか、融資条件をクリアすることができなかったというのが最大のポイントなのかな。 転職などをしていると、今の会社の勤続年数っていうのは短いわけだし、それで住宅ローンを断られることだってあるみたいですね。 それから、住宅ローンを断られるというのではないけど、希望通りの借入ができなかった・・という人も結構いるようです。 マイカーのローンや奨学金などを返済している場合には、住宅ローンの借入限度額っていうのが、自分の希望より少なくなっちゃうんでしょうね。

借金を全て返済すれば、希望通りの借入ができるかもしれませんが、それまで家の購入を待たなければいけないということになるし・・。 家の購入ってタイミングもあるだろうし、どうしても欲しい家が見つかったなら、他の金融機関をあたってみてもいいんじゃないでしょうか。

この金融機関ではダメだったけど、こちらではOKだったなんてことも実際にありますからね。 もちろん、一度断られたことがあるという人は、返済にリスクがあるから断られてしまうわけだし、まずはそのリスクを見直して、リスクを小さくできるものは小さくしてから再トライした方がいいでしょうね。 住宅ローンで大事なのは、無理のない返済計画だから、年収、返済額、借入額などをよく検討して、それに合った家を選ぶことが大事ですよね。

マイホームの購入って、購入までの道のりも大変だけど、購入して払い続けていく方がもっと大変だし、将来的なリスクなどもよく頭に入れて、物件選びをするべきでしょう。 物件が決まったら、金利のこともよく考えて住宅ローンを選びましょう。 住宅ローンって金利によってかなり負担が変わってくるものなので、ちょっとでも低金利のところを選ぶっていうのが負担を少なくするための基本ですよね。 金利比較は、比較サイトを見ればすぐに分かるから、比較サイトを活用しながら賢い住宅ローン選びをしましょう。 金利だけじゃなく、保証料や手数料などもちゃんとチェックして、無駄なコストを抑えられる住宅ローンを選ぶようにしないとね。

住宅ローン選びの関連リンク

住宅ローンを借りたいと思った時にまず最初に気になるのが金利の問題。自分がチェックした銀行がお得なのか、損なのかというのは他の銀行と比較してみなければわかりません。現在の相場を知っておくことで銀行選びの失敗や、損を回避することが可能になります。相場を知るために金利一覧を活用しましょう!
住宅ローン金利一覧表より
住宅ローン比較はまず金利からで間違いありません。金利安い銀行のほうがトータルで見てもお得な場合が多いようです。ただ、その中でどこの銀行が一番お得なのかを考える場合にはやはり金利だけではなく諸費用や返済の条件などが大事になってきますので、その点についてもしっかりと検討しておくようにしましょう。そういったときに役に立つのが金利一覧などを用意してくれているサイトです。

Copyright(C) 住宅ローンを断られてしまったら All Rights Reserved

リンク:フラット35公式